あずさジャーナル
journal

最後の議会が終了

2019.03.28

2019年 八王子市議会 第1回定例会が閉会しました。

2019年度一般会計予算及び各特別会計予算並びに関連諸議案が賛成多数で成立し、本日すべての議事が終了しました。

私たちの会派「生活者ネットワーク・社会民主党・市民自治の会」(略称・ネ社自)は予算議案に反対をしましたが、会派4人でこの4年間に訴え提案してきたこと、批判してきたことの総括として充実した質疑と討論ができたと思います。
女性4人の会派で和気あいあいと、様々なことをディスカッションしながら仕事をすることが出来ました。

本日は4期16年を務めて勇退される市民自治の会の陣内泰子議員が最後の一般質問をなさいました。陣内さんは働く女性のお手本のようなかたで、どんなときも頼れる先輩として会派を引っ張って下さいました。議会きっての理論派の陣内さん、お茶目なところもあってチャーミングなかたです。若い仲間を同志として信頼とともに迎えて下さる懐の深さには感謝しかありません。決して媚びることなく妥協することなく質疑に立つ陣内さんの背中から多くを学びました。今期でご勇退です。

2期8年を務めた生活者ネットの鳴海有理議員は同じ歳です。市民運動のつながりで、私が当選する前からの知り合いでしたが、まさか同じ議会の同じ会派で仕事をすることとなるとは思わず、互いにびっくりのご縁でした。鳴海さんの頭の回転の速さ、構造的な問題を見抜くセンスの良さは抜群で、難しいことをシンプルな言葉に言い換えて表現できる柔軟な知性にはいつも羨ましさを抱いていました。リスペクトしています。鳴海さんも今期でご勇退。

同じく生活者ネットの前田佳子議員は当選同期です。同期の仲間として、会派でのつながり以外でも様々な場面で話をしました。おかしい、と思ったことをとことん考えて問題に向き合うひたむきさ、膨大な資料を丹念に読み込みヒントを見つけ出す根気強さはさすがです。太陽のような明るさと親しみやすさで接して下さり、色々な悩みの相談にも乗って下さったご恩は忘れません。前田さんは2期目に挑戦されます。

議場を去るとき、理事者および部長の皆様にお別れのご挨拶で頭を下げていたら涙腺が緩んでしまい、不覚にも少々水分が出てしまったのですが、この議場で闘わせて頂けたことは生涯の財産です。私を八王子市議会へと送って下さった市民の皆様に、心から、本当に心から感謝しています。ありがとうございました。
任期は残りあと1ヶ月、市民相談と残務整理です。

 

あずさジャーナル一覧へ
PDFダウンロード
社民党
社会民主党八王子総支部事務所
〒192-0053 八王子市八幡町14-13
TEL/FAX : 042-626-7545
佐藤あずさのFacebook

Page Top