あずさジャーナル
journal

最後の質疑を終えて

2019.03.14

都市環境分科会での最後の質疑が終わりました。
開発審査と指導について、川町スポーツパーク建設計画の問題点のこと、川口土地区画整理事業について、立地適正化計画について、住宅セーフティネットと空き家等利活用促進について、医療刑務所跡地活用について、持ち時間の65分を使い切って質問をしました。

今日はこの4年間応援して下さっていた市民の方々が幾人も傍聴に来て下さり、とても嬉しく心強い思いでした。本当にありがとうございます。
超党派でご要望をお受けして一緒に取り組ませて頂いた「川町の環境を守る会」の皆さんも来て下さって、最後までこちらが勇気とパワーを頂いてしまいました。本当に沢山の知識と経験を授けて下さって、住民運動の過酷さと大切さを教わりました。今日はお会いして涙が出る思いでした。

写真は私の政治団体の代表を引き受けて下さった竹田さんと、4年前の選挙のときに毎朝一緒に駅に立って下さった結城さんです。お2人の存在はいつも心の支えでした。最後の質疑を見て頂けて幸せです。

また、社民党八王子総支部でどれだけ助けて頂いたかわからない、ご恩しかない大日向元市議も来て下さいました。同じく私の身元引き受け人のような存在の植松元都議も、傍聴には来られないけれどもお電話で激励して下さって本当にありがたかったです。感謝しかありません。
この4年間たびたび本会議の傍聴に来て下さった微笑みの紳士小林茂さん、そして旅先から労いのご連絡を寄せて下さった原博子さんにも、心より感謝申し上げます。また、初めてお会いした若いかたで、応援していましたと声をかけて下さったかたにも感謝を申し上げたいです。

さて、分科会はまだ明日もあります!
予算の採決はまだこれから!気を引き締め直して、最終の意見開陳と討論の準備をします!

 

あずさジャーナル一覧へ
PDFダウンロード
社民党
社会民主党八王子総支部事務所
〒192-0053 八王子市八幡町14-13
TEL/FAX : 042-626-7545
佐藤あずさのFacebook

Page Top