あずさジャーナル
journal

同性パートナーシップ制度を実現させたい

2019.03.08

予算等審査特別委員会での総括質疑3日目が終了。
「LGBTの権利が保障される八王子市へ」の質問を終えました。
市民のかたから「同性パートナーシップ制度の導入に向けた協議を開始してほしい」という請願が出され、全会一致で採択されてから早8ヶ月。
市は総務部を中心とした庁内での協議体制を作って職員向けの講座を行ったり情報収集をしたりしている状況と、市民への周知啓発の取り組みについて答弁しました。

しかし、「LGBTの方々への理解が広まるように周知啓発を進めていく」という考え方自体に、私は異議があります。

同じ人間同士で、なぜ誰かの人権を保障するために他の誰かの「理解」を待たねばならぬのか。マイノリティの権利を奪うのはいつも、マジョリティの側の驕りです。
愛する人とともに暮らす権利、その人が誰からも差別されないことを保障するために、1日も早く、同性パートナーシップ制度導入を実現してほしいと思います。石森市長の決断を心待ちにしています。

質疑で用いた、石川大我さんの著書とともに。

**********

石川さんは社民党を離党し立憲民主党の所属となられましたが、LGBTのみならず、マイノリティとして生きる人々への温かな眼差しや、その熱意ある活動を変わらず尊敬しています。大切な友人であり、信頼する同志であり、古巣から今後も応援しています。

私は今後も左派の矜持をもって、議員引退後も、社会民主主義の理念を実現するための新しい手段を獲得できるよう頑張ります!

 

 

あずさジャーナル一覧へ
PDFダウンロード
社民党
社会民主党八王子総支部事務所
〒192-0053 八王子市八幡町14-13
TEL/FAX : 042-626-7545
佐藤あずさのFacebook

Page Top