あずさジャーナル
journal

都市環境委員会が開催されました

2019.02.14

本日は都市環境委員会でした。

1.生活排水処理基本計画の中間改定について
2.委任専決処分(交通事故に係る損害賠償の和解)について
3.圏央道八王子西インターチェンジ交通量変化等について
それぞれ報告がありました。

私は公共下水道(汚水)、浄化槽の普及状況と課題について質問をしました。八王子市内の公共下水道への未接続、未設置の人口は市全体の2%ですが、これは河川汚濁の36%を占めており、きれいな水を川に戻すためには、更なる改善が必要です。

特に、市外化調整区域内での浄化槽設置は目標数の5割でとどまっており、対象世帯の高齢化などによる費用の捻出困難などが課題となっています。

また、個人設置浄化槽の維持管理は、検査・点検・清掃にかかる費用が高いことなどから、検査の受検率、清掃の実施率がとても低くなっています。これらについて、例えば法定検査にかかる費用分およそ5000円の助成をしてはどうかと提案をしましたが、助成の実施は考えていないとの答弁でした。また、住宅用途および事業系とあるうち、事業者の所有分については、せめて実施してもらえるように指導をして頂きたいと要望しました。

圏央道八王子西インターチェンジ交通量に関連して、川口土地区画整理事業の準備工事説明会が実施されることが報告されました。
2月28日(木)19時から、美山町会館2階で行われるとのことですが、対象となる町会の範囲を組合側が美山町会・馬込・松木地区に指定しており、これは「地元」の範囲として狭いと思います。
川口・恩方地区連合町会にも周知はしたとのことですが、周知をするだけでなく、説明会の対象地域としてしっかりと位置付けることが重要です。このことを指摘、要望しました。

あずさジャーナル一覧へ
PDFダウンロード
社民党
社会民主党八王子総支部事務所
〒192-0053 八王子市八幡町14-13
TEL/FAX : 042-626-7545
佐藤あずさのFacebook

Page Top