あずさジャーナル
journal

翁長雄志・沖縄県知事が死去/基地問題はわがまちの問題でもある

2018.08.09

昨日、翁長雄志・沖縄県知事がすい臓がんのため死去されました。
言葉がありません。
心よりお悔やみ申し上げます。

翁長知事の無念の思い、政府与党への強い怒り、引き継いで行かねばなりません。不屈の知事に、心からの尊敬と感謝を送ります。

同時に、翁長知事の心身を追い詰め蝕んだものへの憤りを強く感じています。沖縄県の民意を踏みにじり続けてきた国に対し、私は米軍基地被害を受ける自治体に住む者のひとりとして、今後も地域から声を上げていきます。

八王子市は横田基地の騒音被害を受けている自治体であり、オスプレイの飛行ルートにもなっています。日米地位協定、基地問題はわがまちの問題として向き合うべきものです。沖縄での問題は八王子市と決して無関係ではありません。

沖縄に住む方々の思いを、本土に暮らす自分が軽々しく、簡単に「わかる」などと言えない、言ってはならないのは確かです。

けれども、沖縄で起こっていることは私たちの住むまちで起こっていることでもあり、同じ日本のなかにある問題です。地方議員としてであれ、政治に関わる者であれば、こうした認識を欠いていてはならないと考えます。

同時に、地域の声を背負って活動することは必ずしも「国会議員でなければできない」と片付けられるものでもないと思っています。

安全保障に関することは国の専管事項ではありますが、地方自治体のレベルで対応できること(騒音測定や市長会などを通じた要望、国への意見書提出など)もあるためです。

市民の皆様とともに、引き続き取り組んでまいります。

あずさジャーナル一覧へ
PDFダウンロード
社民党
社会民主党八王子総支部事務所
〒192-0053 八王子市八幡町14-13
TEL/FAX : 042-626-7545
佐藤あずさのFacebook

Page Top