ニュース
news

明日13日(土)は八王子市歌を考える会

2017.05.12

IMG_0881

 

皆さんの住むまちには、「市歌」はありますか?
八王子市には、戦前の1936年に制定された市歌があります。

市制施行100周年の今年、八王子市はこの市歌を市内の小中学校に奨励したり、様々な行事で歌わせたりしています。

しかし、ちょっと待った!

この歌、歌詞の中に「奮え多摩のますらを」というフレーズが3回出てきます。

「ますらを(益荒男)」。
古い言葉ですね。若い世代では、知らないかたもいらっしゃるかも知れません。
意味は「りっぱな男。勇気のある強い男」です。

これの対義語は、「手弱女 (たおやめ) 」。
意味は「たおやかな女性。なよなよと優美な女性」です。

これらの言葉が歌詞に含まれる市歌は、男女平等の観点から考えてみたときに、ふさわしいものなのか? 歌詞のなかに女性が登場しない歌を、いま歌う必要があるのだろうか?

市内の女性団体を中心に多くの人から疑問の声が上がりました。

明日はこの問題を考える機会として、こんなイベントが開催されます。

◆「ますらをって何? 八王子市歌と男女平等を考える」
5月13日(土)
13:30〜16:00
八王子労政会館2F 第1会議室
講師: 関東学院大学教授 中村桃子さん
ワークショップとおはなし
資料代500円
主催:八王子市歌を考える会

この問題には女性団体の皆さんをはじめ、女性市議も議会質問やアンケート調査などで積極的に関わっています。私は出遅れてしまっているので大変恐縮ですが、明日は参加して皆さんと一緒に考えてみたいなと思っています。

ご関心のあるかた、是非明日、お越し下さい!

ニュース一覧へ
PDFダウンロード
社民党
社会民主党八王子総支部事務所
〒192-0053 八王子市八幡町14-13
TEL/FAX : 042-626-7545
佐藤あずさのFacebook 佐藤あずさのtwitter

Page Top